1. HOME
  2. 事業案内
  3. 保有設備
  4. 横中ぐりフライス盤|倉敷機械製 KBT-11WA

保有設備

保有設備

横中ぐりフライス盤|倉敷機械製 KBT-11WA

横中ぐりスライス盤

設備概要

中大形重量ワークの粗加工から仕上げまで1台で加工します。テーブルサイズ1600×1800の特大サイズが360度回転し、割り出し精度0.001の高精度を有します。X軸移動量3000mm、Y軸移動量2000mm、Z移動量1300mm、W軸移動量400mmと、かなりの大きさです。

湘南技研では、ブロック形状の重切削から角形チャンバーの側面加工、丸形チャンバーのポートの穴あけ及びポート(フランジ溶接前の端面出し)の2次加工、W軸を利用した、深穴加工まで加工範囲は広いです。割り出し精度が高いテーブルで使用し、角度精度も的確です。しかし一番の魅力は、Zの移動量1300は精度の良い壁ができます。

加工事例

保有設備リンク

横中ぐりフライス盤 KBT-11WA

NCマシニングセンター MILLAC 1052V

正面盤 YL-15|50-4 FLC

三次元測定機 CRYSTA-Apex S700

NC旋盤 INTEGREX200Y,100

ワイヤー放電加工機 シャルミーROBOFIL4400,510

汎用旋盤 TAL-6,ブルーライン

ラジアルボ-ル盤|アズマ鉄工所製